本文へ移動

IT導入補助金2024【独立行政法人中小企業基盤整備機構 】

2024-05-13
カテゴリ:中小企業基盤整備機構
概要


IT導入補助金を活用することで導入にかかる経費が一部補助されます。あらかじめ国の事務局に登録されたITツールが補助金申請の対象です。

申請にあたり、支援事業者として登録されているIT導入支援事業者(パートナー)と連携する必要があります。
江戸川テレワーク導入支援センター(運営会社:国際事務機)は、IT導入支援事業者として リコージャパンコンソーシアム(東京都)に登録しております。
皆様の生産性向上の実現を図ることに適したサービス・アフターフォローを行っております。

補助対象について
  • 通常枠
自社の課題にあったITツールを導入し、業務効率化・売上アップをサポート

事業のデジタル化を目的としたソフトウェアやシステムの導入を支援
補助率
補助額
1/2以内
1プロセス以上5万円以上150万円未満
4プロセス以上150万円以上450万円以下


  • セキュリティ対策推進枠
サイバー攻撃の増加に伴う潜在的なリスクに対処するため、サイイバーインシデントに関する様々なリスク低減策を支援

サイバー攻撃事案の増加により高まる様々な潜在リスクの低減を支援
補助率
補助額
1/2以内
5万円以上100万円以下
 

  • インボイス枠(インボイス対応類型)
インボイス制度に対応した会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、PC・ハードウェア等を導入し労働生産性の向上をサポート

インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト
補助率
補助額
3/4以内、4/5以内*1
50万円以下*2
2/3以内
50万円超~350万円以下*3*4
*1 中小企業は3/4、小規模事業者は4/5
*2 会計・受発注・決済のうち1機能以上を有することが機能要件
*3 補助額50万円超の際の補助率は、補助額のうち50万円以下については3/4(小規模事業者は4/5)、50万円超については2/3
*4 会計・受発注・決済のうち2機能以上を有することが機能要件

PC・ハードウェア等
補助対象
補助率
補助額
PC・タブレット等
1/2以内
10万円以下
レジ・券売機等
20万円以下


  • インボイス枠(電子取引類型)
インボイス制度に対応した受発注システムを商流単位で導入する企業を支援

インボイス制度に対応した受発注システムが対象
補助率
補助額
中小企業
小規模事業者
2/3 以内
(下限なし)~350万円以下
その他事業者等
1/2 以内

スケジュールは下記URLよりご確認下さい。
TOPへ戻る